Pet Plus

Pet Plusは全国で展開しているペットショップです。

新着情報をメールでお届け!今すぐ無料登録!

MENU

Pet Plusのあんしん特集

Pet Plusのあんしん特集ペットとあなたを結ぶ
マイクロチップ

ペットプラスでは、現在全国各地で社会問題化し始めている安易な飼育放棄を防止するために国際的に広く採用されている個体識別のためのマイクロチップ普及を推進しています。

マイクロチップとは

マイクロチップは大切なペットを守る身元証明です。
言葉を話せない、ポケットもバッグも持たないペットに、その子だけの身分証明書を付けてあげるということ。外れてしまうかもしれない首輪や鑑札ではなく、体内に装填してあげるのが、マイクロチップの大きな特徴です。
マイクロチップには世界で唯一の番号が記録され、名前や生年月日、飼い主は誰か、連絡先は…、といった情報を、世界のどこにいても確認できるようになっています。つまり、ペットのパスポートであり住民票というわけです。

どんな時に役に立つの?
具体的には迷子、盗難、逃亡、災害、事故など不慮の事態に陥ったときに役立ちます。
またペットが入国・出国する場合は、検疫制度によりマイクロチップの装填が義務づけられています。
  • 迷子や逃亡した先で保健所や動物管理センターに収容された
  • 迷子中、事故に遭い動物病院に運び込まれた
  • 災害や事故に遭って行方不明に、またはパニックを起こして逃亡
  • 盗難に遭い、見つけることはできたが自分のペットだという証明ができない
  • ペット同伴の海外赴任や旅行  など

マイクロチップとはどんな物?
長さ約11~13.5mm×直径約2mmの細長いカプセル状で、中のICチップに固有の番号が記録されています。番号は、国コード、動物種コード、メーカーコード、個体番号から成る15桁。
リーダーから発信した電波をマイクロチップに反射させて読み取る仕組みで、マイクロチップ自体が電波を発したり電池を必要とはしないので、半永久的に使用することができます。
カプセルは生体適合ガラスなど拒絶反応を起こさない素材でできており、装填によってアレルギーなどの副反応が起こることは非常にまれです。

マイクロチップはどうやって使うの?

チップの中の情報は、あらかじめデータ管理機関である「AIPO(動物ID普及推進会議)」 に登録されます。身元不明のペットが持ち込まれた保健所や動物管理センター、動物病院などでは、 リーダー(読み取り器)をかざして番号を読み取り、AIPOに問い合わせることで飼い主の情報を入手することができます。

※機関・動物病院によってリーダーを所有していない場合があります。

Pet Plusでは全頭にマイクロチップを装填済
ペットプラスでは販売するペット全てのワンちゃん・ネコちゃんにマイクロチップを装填しています。
このような大規模なマイクロチップ普及活動は、国内初の取り組みであり、海外のペット同伴渡航時に義務付けられた手続きにも適応することができます。
装填を積極的に進めているペットプラスで装填したワンちゃん・ネコちゃんの国内シェアは、実に17.2%を占めています。(2017年時点)

マイクロチップを装填するには

一度装填すると一生ペットをお守りします。
身体に傷をつけて埋め込むなんてかわいそう・・・?
いえいえ、マイクロチップは予防接種と同じように注射で装填することができ、痛みもほとんどありません。傷も残らず、異物が入っている違和感もありません。1度装填すれば約30年は機能するので、ペットのIDを一生に渡って証明してくれます。

どうやって装填するの?

専用の器具を使って、犬猫の場合は肩甲骨の周辺に皮下注射します。通常の注射針よりは太いですが、 わずか数秒なので痛がることもなく、予防接種時と同じくらいの反応という報告が多いようです。 ただし個体差があるので、神経質なペットの場合は局所麻酔や鎮痛剤を使用することもあります。

※お近くの動物病院へご相談ください。

生まれたばかりの子でも大丈夫?
通常、ワンちゃんは生後2週齢頃から、ネコちゃんは生後4週齢頃から装填することができ、目安としてペットの大きさが5cm以上あれば装填は可能と言われています。しかし個体差があるので、心配な方はかかりつけの病院で相談すると良いでしょう。予防接種の時期である生後1カ月~2カ月くらいで装填することが多いようです。

マイクロチップに関するよくあるご質問

マイクロチップはどこで装填できるの?

マイクロチップの装填(埋め込み)は医療行為にあたるため、獣医師が行います。そのため動物病院で申し込まれるのが一般的です。 ただし、動物病院によってはマイクロチップやリーダー(読み取り器)の準備ができていないところもありますので、事前確認が必要でしょう。

マイクロチップを装填したあと、成長しても身体の中を動く心配はないの?

はい。マイクロチップは体に害のない生体適合性ガラスで覆われています。このガラスは表面に凹凸があり、装填するとその凹凸に周囲の組織が入り込んで移動や抜け落ちを防いでくれます。成長しても心配ありません。

マイクロチップを装填した犬とともに引越しをするのですが・・・?

飼い主が引越しをしたり、ペットを他人に譲ったりといったような、装填した際の飼い主情報に変更が生じた場合は、AIPO (動物ID普及推進会議)に登録された情報も更新する必要があります。詳しくはAIPOへおたずねください。 また不幸にもペットが死亡した場合も、同じく届け出る必要があります。

マイクロチップにはどんなことが書いてあるの?

マイクロチップは製造過程で情報が書き込まれています。ISO規格のマイクロチップ情報は、国コード(3桁)、動物コード(2桁)、ディーラーコード(2桁)、個体識別番号(8桁)の、合計15桁の数字で構成されています。国コードで日本は392、動物コードでペットは14、ディーラーコードは代理店や製造メーカーのコード、最後の8桁がマイクロチップごとに異なる識別番号となります。

大きなワンちゃんも、小さなネコちゃんも同じマイクロチップなの?

はい。マイクロチップは直径約2mm×長さ約12mm(メーカーによって若干さがあります)の小さなカプセルですから、犬用猫用といった区別はありません。また書き込まれている情報に、動物コードという番号がありますが、ペット(愛玩動物)はすべて「14」のため、区別はありません。

PageTop