PetPlus うちのこ母子手帳

子犬・子猫期の食事

子犬・子猫期までの食事の与え方

ワンちゃんは生後6 ヶ月頃まで、ネコちゃんは生後3 ヶ月頃までは、1回の食事で食べられる量はそれほど多くはありませんので、1日分の食事を3 回に分けて与えましょう。成長に合わせて、徐々に食事量を増やし、食事の回数は減らしていきましょう。1日分の食事量は、ペットフードのパッケージに表示されている食事の目安量を参考に、ワンちゃん・ネコちゃんの状態に合わせて調整しましょう。

食事の手順

  1. 1フードをお皿に入れる。
  2. 2フードをふやかす。

    ふやかす時間の目安は15分〜20分程度

    お家にきて間もないワンちゃん・ネコちゃんは、硬い粒が飲みこみにくかったり、また消化器官も発達途中のため、食べやすく消化も良くするためにフードをふやかす必要があります。お湯をフードが軽く浸るくらいまで注いでください。

  3. 3フードがふやけたら出来上がり。

    4ヶ月頃からは、ドライフードに切り替えましょう。
    最初は、ふやかしたフードにドライフードを少量混ぜてあげてください。
    徐々に混ぜるドライフードの割合を増やし、1 週間ほどかけてドライフードに切り替えてください。

ウェットフードのおすすめシーン

  • 新しい家にやってきて、あまり食べてくれない(新しい環境へのストレス)
    • 今までとは異なったドライフードの給与や新しい環境での緊張の影響で、食欲が落ちる可能性もあります。
    • 嗜好性の良いウェットフードを準備しておくことで飼い主さまも安心感を持つことができます。
  • いろいろなフォーマットに慣れさせたい
    • 食事の好みは幼少期に影響を受けると言われています。
    • 将来起こりうる様々な事例(ペットホテル、入院、生活環境の制限など)を踏まえて、ドライフードだけでなくウェットフードの体験をさせてあげましょう。
  • ベストな体型をめざして
    摂取カロリー
    ニュートロ™シュプレモ™子犬用(ドライ)
    ニュートロ™シュプレモ™子犬用(ウェット)
    • 子犬や子猫は成長期に脂肪細胞(脂肪を貯める細胞)を作ります。成長期に過剰にエネルギーを与えると、脂肪細胞の数が増えてしまい、将来太りやすく、やせにくい体になってしまうリスクがあります。
    • ウェットフードはドライフードよりもカロリーが低め。ドライフードの一部をウェットフードに置き換えることで、与える量を増やしながらカロリーオフが可能です。
犬種・猫種その子によって食事の量や回数が異なります。

我が子の質問がある場合は、お手持ちの「母子手帳」をご参照ください。

ページトップ